NRS+

New Reeves&Sinensis plus

サイト内検索

  HOME | サーバ紹介 | ライブカメラ | カメを飼おう | 特集・小ネタ | 鉄道図鑑 | 雑記 | リンク

JR: 新幹線 JR北海道 JR東日本 JR東海 JR西日本 JR四国 JR九州
  私鉄・公営・三セク:

  HOME > 鉄道図鑑トップページ > 京浜急行電鉄 > 新1000形


京急電鉄 新1000形 作成:2014年5月17日
更新:-

主な運用区間 京急全線
都営浅草線・京成線・北総線 (相互乗り入れ)
出現率 ☆☆☆☆   60%〜80%
京急線内3ドア車
   
種別・行先表示器 1次車〜3次車:幕式 
4次車以降:フルカラーLED式
車体長・ドア 両開き3ドア
座席 1次車〜5次車:セミクロスシート
6次車以降(ステンレス車):オールロングシート
車内案内表示器 1次車〜9次車:2色LED 
10次車以降:液晶ディスプレイ
トイレ なし
サービス -
   
種類・方式/軌間 標準軌 (1435mm)
電気方式/燃料 直流1500V 架空電車線方式
集電装置 シングルアーム型パンタグラフ
制御装置/駆動装置 1〜2次車:GTO-VVVF制御
3次車以降:IGBT-VVVF制御
GTO車は順次IGBTに更新中


 2002年に営業を開始した京急の2代目1000形車両。初代1000形と同時に営業していた時期があるため新1000形として区別されていた。製造が長期に渡りその都度設計が変更されており現在は12次車まである。
 1次車と2次車の制御装置はシーメンス社のGTO-VVVFで加速時の励磁音が音階を奏でるため「ドレミファインバータ」、「歌う電車」 などと呼ばれ親しまれていたが素子の老朽化のため日本メーカー製IGBTへの交換が進んでいる。



走行音 東京都交通局(都営地下鉄)浅草線 浅草→本所吾妻橋  シーメンス GTO-VVVF制御


mp3ダウンロード (khk1021_01.mp3 01:35 3.65MB)

ステンレス車

車両外観 側面方向幕

車内の様子1

車内の様子2

車内の様子3 車内案内表示器 (LED)






20140721MO