NRS+

New Reeves&Sinensis plus

サイト内検索

  HOME | サーバ紹介 | ライブカメラ | カメを飼おう | 特集・小ネタ | 鉄道図鑑 | 雑記 | リンク

JR: 新幹線 JR北海道 JR東日本 JR東海 JR西日本 JR四国 JR九州
  私鉄・公営・三セク:

  HOME > 鉄道図鑑トップページ > JR東海 > 383系


JR東海 383系 作成:2014年7月5日
更新:-

       


主な運用区間 中央本線(中央西線)・篠ノ井線・信越本線・東海道本線
出現率 ☆☆☆☆☆ 100%
中央本線 名古屋〜信越本線 長野 / 特急しなの
   
種別・行先表示器 幕式
車体長・ドア 片開き1(2*)ドア トアチャイム  *一部の中間車
座席 回転式クロスシート
車内案内表示器 LED式
トイレ 洋式・和式・男子小用
サービス 自動販売機 (飲料) 
   
種類・方式/軌間 狭軌 (1067mm)
電気方式/燃料 直流1500V 架空電車線方式
集電装置 シングルアーム型パンタグラフ
制御装置/駆動装置 GTO-VVVF制御  制御付き自然振子方式車体傾斜装置


 1995年に営業を開始したJR東海の特急形電車。曲線通過時に速度を保てるように車体が傾斜する振子式車両である。381系などの自然振子式の車両は車体傾斜や復帰が動作するタイミングが若干ズレて不自然に揺れるため普通の車両より乗り物酔いを誘発しやすいが本形式は車体の傾斜にコンピュータ制御を付加しているため乗り心地が改善されている。特急しなの号のほかに中央線名古屋口のホームライナーとしても運用されている。




走行音 中央本線 千種→名古屋  東芝 GTO-VVVF制御 *加速のみ


mp3ダウンロード


車両外観 貫通型の先頭車

車内の様子1 普通車

車内の様子2 グリーン車

車内の様子3 車内案内表示器

車内の様子4 洗面台

車内の様子5 洋式トイレ

車内の様子6 和式トイレ

車内の様子7 男子小用トイレ




20140721MO