記事一覧

阪急阪神ニューイヤーチケット

ファイル 84-1.jpg

 阪急・阪神・神戸高速線全線が1日乗り放題の切符です。
値段は大人1000円、子供500円で特典として神戸・宝塚(西宮)・京都の社寺10箇所の祈念品授与券がつきます。
祈念品は
生田神社・門戸厄神・八坂神社のいずれか一社
湊川神社・清荒神・平安神宮のいずれか一社
長田神社・中山観音・北野天満宮のいずれか一社
西宮神社
です。
3枚用意すれば10箇所全ての祈念品をいただくことができます。
2014年の初詣では途中で買い足して10箇所全部参拝したたのですが2015年は最初から3枚準備しました。
1日乗車券なのですが1月1日利用分に限り12月31日の18時から有効だということで今日早速1枚使って出かけて帰ってきたところです。

切符の詳細は以下からどうぞ
阪急阪神ニューイヤーチケット|お得な乗車券の詳細|阪急電鉄

今年はなんとか月1以上で更新することができました。
ご訪問頂いた皆様に感謝申し上げます。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。


更新情報 -2014年11月9日-

 カメを飼おうの飼育器具-陸棲ガメ編-を更新しました。
パネルヒーターの設置例の写真を追加しました。暖突という上面または側面に設置して使用するタイプのヒーターです。

ファイル 83-1.jpg
上面設置の例の蝶番の部分にはこのようにL字の金具と長めのネジを取り付けています。水槽のフチにはめるだけで設置できます。
ネジにかぶせてあるビニールチューブはネジが直接水槽に当たって傷つけないようにするためです。

 鉄道図鑑に名古屋市交通局5000形N1000形を追加しました。両方とも東山線の車両です。
5000形は2015年度に営業を終了する予定なので興味のある方は早めに見に行くことをお勧めします。


更新情報 -2014年10月26日-

鉄道図鑑のJR西日本521系を更新しました。写真の追加と記述の変更です。

以下一言日記

ファイル 82-1.jpg
日本電気 AtermWG600HP PA-WG600HP
購入して1ヶ月ほど経過。これまでWi-FiはUSB無線LAN子機のAPモードを使用していたのでそれと比べて快適になりました。

ファイル 82-2.jpg
8月に冷蔵庫を買い替えてから2ヶ月連続で電気使用量が前年同月比-30%に。しかも9月の料金は7777円!

ファイル 82-3.jpg
10月8日の皆既月食。コンデジで手持ち撮影の割にはきれいに撮れたほうかと。


更新情報 -2014年9月27日-

ファイル 81-1.jpgファイル 81-2.jpg

 鉄道図鑑に叡山電鉄900系阪急6300系を追加しました。
前回は「6000系」の更新だったので今回は新規で6000からの6300と京都の観光列車繋がりで叡電900系「きらら」です。
両形式とも豪華列車でありながら予約不要・特別料金不要で気軽に利用できます。
時刻表が公式HPに掲載されているので事前に調べれば確実に乗車できます。(故障などで急な運用変更がなければ)
阪急6300系「京とれいん」は土曜休日ダイヤの快速特急、叡電900系「きらら」は鞍馬線の普通列車で毎日運行されています。
「きらら」は人気列車でありながら1編成2両が2本のみで鞍馬線の運行本数自体が少ないのも相まって観光シーズンは大変な混雑になります。
座席が変則的な配置のため席数がやや少なめです。
また、車内に吊革が一切設置されておらず手すりも座席とドア横や壁際のみで立席でつかめる箇所が少ないので足腰の弱い方は混雑時は避けたほうがいいと思います。


更新情報 -2014年9月23日-

ファイル 80-1.jpgファイル 80-2.jpgファイル 80-3.jpg

 鉄道図鑑のJR四国6000系阪急・能勢電鉄6000系を更新しました。
写真の追加と差し替えです。

能勢電鉄6000系は元阪急6000系で2014年8月1日に能勢電鉄6000系として運行を開始した車両です。詳しくは以下の公式情報をご覧下さい。
阪急電鉄からの6000系車両の取得、運行に関するお知らせ|各種お知らせ│能勢電鉄

譲渡の理由は、阪急の車両が能勢電鉄線へ片乗り入れだったものを相互乗り入れにして車両使用料を相殺するためだと思われますが公式には発表されていません。
能勢電鉄6000系となって外観の主な変更箇所は社章ですが乗車してしまえばわからなくなります。
車内の変更箇所は検査票(と広告)です。検査票は阪急と同じ書式ですが能勢電鉄と書かれています。
車内広告は今は"妙見の森"の広告で統一されていて今後も能勢電鉄関係のものが多めになりそうですがその他の広告も入ってくるのでこれで区別するのは難しいです。
路線図は阪急のものをそのまま掲示しているので車内の変更箇所は実質検査票だけです。


更新情報 -2014年8月30日-

ファイル 79-1.jpgファイル 79-2.jpg

 鉄道図鑑に車両設備・機器を追加しました。
これまでの形式ごとの掲載と異なりパーツごとにまとめています。

 今年の夏は各地で数十年に一度の豪雨が発生したり家の冷蔵庫が壊れたり携帯が壊れたり...でどこにも行けなかったというか行かなくて正解でした。
北海道の方へ行こうかと考えていたのですが宿代が思ったより高くて諦めました。
もし行っていたら予定していた日は天気が悪かったようです。
近場で日帰りの旅行も行っていたら旅先で携帯が壊れたかもしれないのでこれも出かけなくてよかったです。

 写真は奇しくも同じ日(8月13日)に故障した冷蔵庫と携帯  を買い替えたものです。  (冷蔵庫でなくワットモニターの写真に見えるのは気のせいです
冷蔵庫は推定18年、携帯は7年7ヶ月で寿命を迎えました。
買い替えは
冷蔵庫:三菱 MR-J42D-C → 三菱 MR-JX48LX-N
携帯:シャープ WS004SH → シャープ WS007SH (中古)
です。
冷蔵庫は今後10年以上使う予定ですが携帯は近々MNPで解約するつもりなので最新機種にはせず互換性のある中古にしました。


更新情報 -2013年7月21日-

ファイル 78-1.jpg

 カメを飼おうの飼育器具-半水棲ガメ編-を更新しました。
自作の陸場(浮島)の写真を追加しました。60cm水槽のほうでは11年前からレンガを積んだものの上に人工芝を載せて陸場にしていたのですが
ここ数年は上に載せた芝がよく落ちて戻すのが面倒だったので浮島式にリニューアルしました。
芝は上に石を置いて固定していたのですが力がついてきてその石を落とすようになってから芝もよく落ちるようになりました。
今回作った陸場はウレタンマットと人工芝を貼り合わせたものを結束バンドで水槽内に固定したつっぱり棒にくくりつける方式で去年の秋に90cm水槽に設置したものと同じです。
スロープの芝は後からつけました。(浮島方式にしてから2,3時間様子を見て登りたくても登れないような感じだったので)
スロープがなくても登れるかはカメの種類や個体差、水深などが関わってくると思います。

 鉄道図鑑に東京臨海高速鉄道(りんかい線) 70-000形を追加しました。
りんかい線は大崎と新木場を結んでおりJR東日本の埼京線・川越線と直通運転をしています。
途中駅には東京テレポート(お台場)や国際展示場(東京ビッグサイト)がありイベントや観光に便利な路線です。
新木場で京葉線と接続して直通運転をという話もありますが運賃計算などの問題があり難しいようです。


扇風機

ファイル 77-1.jpgファイル 77-2.jpg

 扇風機を買い換えました。左の写真が買い替え前、右の写真が買い替え後です。
買い替え前のものは15年以上使っていたのですが去年の10月に首振りの箇所が壊れました。
壊れたのがちょうど扇風機を使わなくなる時期だったのと首振りなしの送風はできるので今年まで放置していました。
一番安い機種(税込み2550円)を買ったのでタイマーやゆらぎ風といった機能はありませんが風量が強弱2段から強中弱3段、羽根が3枚羽根から5枚羽根と地味にパワーアップしました。


更新情報 -2014年7月5日-

ファイル 76-1.jpg

 鉄道図鑑にJR東海383系を追加しました。

 主に名古屋-長野間で運行されている特急しなの号に使用される車両です。大阪-長野間でも1日1往復運行しているので時間が合えば関西圏でも見ることができます。
振り子式の車体傾斜装置を搭載している車両は乗り物酔いになりやすいとのことですがこの車両はコンピュータ制御を取り入れてタイミングのズレた不自然な揺れを抑えています。実際に乗ってみて気分が悪くなるようなことはなかったです。


芦屋基地の食事拝見 元自衛官の廣川さんが電子書籍で紹介 と青春18きっぷ価格変更

芦屋基地の食事拝見 元自衛官の廣川さんが電子書籍で紹介 #西日本新聞 http://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_kitakyushu_keichiku/article/95400

 Twitterのアカウントは一応持ってるのですが一切つぶやかずに他所のログイン用とかに使っていて無いも同然なのでここで真似事を。
(こんなアカウントで突然宣伝したら怪しすぎるから)

 4月9日の雑記などで紹介した廣川ヒロト氏が今朝の西日本新聞の朝刊に取り上げられました。
上のツイートごっこのURLよりネット版の記事(写真付き)を閲覧できます。


 全く関係なくて同じところに書くのが失礼なのですが本日2014年夏期・冬季の青春18きっぷ発売がJR各社から発表されました。
消費税増税にともない価格が11850円に変更になった以外は昨年と同じ仕様です。

特集・小ネタの青春18きっぷの価格(運賃)の記述を更新しました。


スポンサードリンク

ほにほに共和国ランスとして
編集協力させていただきました