記事一覧

更新情報 -2014年3月9日-

ファイル 66-1.jpg

 鉄道図鑑に愛知高速交通(リニモ)100形を追加&阪急8000系を更新しました。

先日、名古屋観光のツアーでリニモに体験乗車しました。
リニモは2005年の愛知万博開催に合わせて開業した「公共交通」なのですが、ツアー客の大半?は万博のアトラクションだと思っていたようです。
普通の電車と同じく駅に券売機、時刻表、改札があり一般の乗客も利用していることに驚いていました。
関西在住で乗ったことのない人にはこんなイメージなんだなと…
(万博のアトラクションという要素もあるので完全に間違いということではないのですが)
体験乗車では車両の着地・浮上のデモンストレーションもありました。
(以下ネタバレ?あり 空白部分をドラッグで選択すると読めます。)

着地・浮上は4回ほど行いました。最初の1回は目を閉じて静かにするように言われたのでその通りにしたのですが一同何が起きたかわからずいつの間にか浮上していました。8mm浮上するのですが神経を集中させても感じることが出来ませんでした。次に目を開けた状態で着地したのですがまたわからなかったです。窓からホームドアのドア枠についている小さな汚れを凝視してやっと着地・浮上の動きがわかりました。ホームページで公開しているように「浮いた!!」「すごい!!」とはならずになんとも微妙な感じでしたが、体験乗車でないと着地・浮上は行わないので貴重な体験でした。

 阪急8000系は宝塚線の増結車である8040形の写真を追加しました。8000系と8200系の折衷型のような車両です。

写真は体験乗車時の藤が丘駅ホームです。貸切や臨時でなくて回送表示です。発車予定時刻を過ぎていますがある程度柔軟に対応できるみたいです。