記事一覧

「特別警報」運用開始

 8月30日午前0時より気象庁の特別警報の運用が開始されます。

気象庁 | 特別警報が始まります。
http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/tokubetsu-keiho/

特別警報は従来の気象警報の上位であり、数十年に1度の大災害の恐れがある場合に発令されるものです。

 発令されたら「ただちに命を守るための行動をとってください。」とのことです。
津波の場合は即避難でいいのですが、大雨だと待機か避難か判断に困るところです。
大雨の場合は避難しても自宅(今いる場所)に留まっても危険でどうしようもなくなりそうなので警報の段階から対策するに越したことはないです。
(裏の崖が崩れそう&避難所へ行く途中の川が氾濫しているといった最悪のケースも考えられるので)
地盤が緩かったり近くに川や崖といった危なそうな箇所があれば警報の段階で早めに避難するのがよさそうです。