記事一覧

阪急 新型車両 1000系・1300系 を この秋より導入します!~「静かさ」と「省エネルギー性能」を追求~

Hankyu NEWS RELEASE
新型車両 1000系・1300系 を この秋より導入します!~「静かさ」と「省エネルギー性能」を追求~

 昨日阪急が新型車両の導入を発表しました。1000系が神戸線・宝塚線用、1300系が京都線用です。
今年の3月に9000系の新車が2編成入ったばかりなので新形式導入は驚きですが、9000系が2006年、9300系が2003年に登場したので時期としては妥当なのかもしれません。


特徴や9000系からの変更点など

・外観
9000系で採用された屋根肩部のクーラーを覆うカバーがなくなった。
側窓(ドア間)は連窓風の3枚窓になり、8000系以前の車両に近い窓割りになった。
先頭車は7000系更新車から貫通扉の幌枠を取ったようなデザインに。前照灯周囲のデザインも注目ポイント。

・内装
雰囲気はほぼ9000系と同じ。変更点は座席端部の仕切り板の大型化、手すりの増設、車内案内装置の液晶のサイズなど。
車内案内装置に32型ハーフサイズの液晶ディスプレイを採用するのは日本初?

・走行機器
プレスリリースの車両概要にある全閉式高効率主電動機と最新のVVVFインバータ制御装置は8000系8001号車に試験搭載されたものと同じである可能性あり。