記事一覧

オサガメ、熊野灘で悠々=絶滅危惧種を撮影―名古屋海保

オサガメ、熊野灘で悠々=絶滅危惧種を撮影―名古屋海保

 熊野灘でオサガメ(ウミガメの一種)が見つかったというニュースです。
オサガメは甲羅(*1)にキールがたくさんあったり(背面7本・腹面5本)体内に発熱する器官があったりと変わったカメです。
かつて名古屋港水族館で展示されていましたが、飼育が難しいらしく現在国内の水族館でオサガメを見ることはできません。

(*1)表面が皮膚で覆われており一般的なカメと異なります