記事一覧

ザ!鉄腕!DASH!! クサガメとイシガメ 補足説明

 先日の記事のアクセス数が予想以上に多かったので、クサガメとイシガメ(ニホンイシガメ)の違いをもう少し細かく書きます。

 クサガメとイシガメは両方ともゼニガメと言われることがあります。本来はイシガメがゼニガメなのですが、最近はゼニガメというとクサガメであることが多いです。
生息地はイシガメが本州、四国、九州のみであるのに対し、クサガメは沖縄本島、朝鮮半島、中国、台湾にも生息しています。
最大甲長は
クサガメ オス:15~20cm メス:15~25cm
イシガメ オス: 8~12cm メス:15~20cm
で、成長しきるとクサガメのほうが若干大きいです。(微妙な差なので逆になることもある)
クサガメは甲羅(背甲)にキール(筋状の盛り上がり)が3本ありますがイシガメは1本です。
イシガメは皮膚が弱く水質に敏感ですが、クサガメはイシガメより丈夫です。(生息数が減少している原因の一つ)
クサガメとイシガメの雑種はウンキュウと呼ばれ、容姿は半々だったりどちらかに近かったりと一定ではないです。
(クサガメとイシガメで雑種ができるのも生息数減少の原因)

 文章より写真や動画のほうが違いがわかりやすいので以下に比較用の動画を載せます。自前で用意したかったのですがイシガメとクサガメ(メス)の資料がないのでYoutubeから転載しました。

クサガメ

イシガメ

求愛行動の動画を選んだのは一画面にオスとメスが両方映っていて雌雄の比較がしやすいからです。


スポンサードリンク

ほにほに共和国ランスとして
編集協力させていただきました